ザガーロの情報ページ

TOP≫ザガーロ

ザガーロ

ザガーロとは、デュタステリドカプセルのことです。

簡単に言うと、主成分がデュタステリドのAGA(男性型脱毛症)治療薬ということになります。販売会社はグラクソ・スミスクライン株式会社(GSK)です。

元々、前立腺肥大症治療薬として「アボルブ」という薬がありますが、基本的には同じ(成分)です。

ザガーロという名前でAGA治療薬として発売が開始されたのは最近(2016年※予定では2015年11月あたりでしたが事情があり遅れた)ですが、上で書きましたように、元々前立腺肥大症治療薬として使われている成分ですので薬としての実績はそこそこあると言えるかと思います。

ザガーロは、プロペシア(フィナステリド)と同じく、5α還元酵素(5α-リダクターゼ)阻害薬(簡単に言うとAGA、薄毛の原因になっている流れを阻害してくれる働きがある薬)になりますが、ザガーロは(デュタステリド)は5α-リダクターゼⅠ型とⅡ型の両方阻害します。(プロペシアはⅡ型のみ阻害)この点がプロペシアとの大きな違いだと思います。

つまり、この点(プロペシアはⅡ型のみ阻害だけどザガーロはⅠ型とⅡ型どっちも阻害)をどう取るのかによりますが、一般的にはプロペシアより強力だと言われています。

私がプロペシアを処方してもらっているクリニックの医師にも聞いたところ、「似てはいるが全く別物として考えてほしい」と言われました。また、プロペシアとの併用も基本的にはダメ(一般的ではないとのこと)でどちらかにしていこうとのことでした。

私はプロペシアを飲んでいるので、もしザガーロを使用したい場合は切り替えという形で試すことになるとのことでした。(私が行っているクリニックでは)

ちなみに、ミノキシジル(リアップなど)外用との併用は問題ないとのことでした。むしろより効果的なのではと言われました。この点はプロペシアと同様です。

※当方は医師ではないので確実な情報については、かかっているクリニックのドクターに聞いたり、病院やクリニックの公式サイトでの薬の説明、またはザガーロの添付文書などにて確認するようお願い致します。

ザガーロの価格は?

あくまでも私が通院しているクリニックの値段ですが、

1箱(30カプセル)9,000円です。

色々なサイトを見ていると、だいたい目安としましては、30カプセルが9,000円前後~10,000円程度だと思われます。(要確認)

近所の普通の皮膚科でも処方されるようですが、その場合、上記よりやや高めになると感じました。(私が見た病院では1万円以上になってしまう)この点もプロペシアと似ているのかなと個人的には感じました。

また、ザガーロはだいたい1ヶ月9,000円ということを考えますと、プロペシアよりは高いなと思います。プロペシアは現在はジェネリックも出ていますし、かなり安くなってきていますが、ジェネリックが出ていないときでも7,500円程度でしたので。

副作用についてはどうなのか?

この点も私がプロペシアを処方してもらっているクリニックの医師に聞いたのですが、ザガーロの方が副作用が出てしまう確率がやや高いとのことでした。

一般的に言われているのが性機能不全です。

※この他にも可能性が考えられる副作用はあるので医師に確認したり、ザガーロの添付文書にてご確認下さい。

注意点

・ザガーロを飲んでいると(半年以上)PSA値(前立腺がん検査で測定するやつ)を約50%下げてしまうと言われているため、PSAを2倍値目安評価する必要があります。そのためザガーロを服用していることを医師に知らせる必要があります。

・女性は服用してはいけない薬です。

こちらも、他にも注意点はあると思うので、詳細はザガーロの添付文書や各クリニックの医師へ確認、または病院の公式サイトなどでご確認するようお願い致します。

ザガーロの体験談

アボルブを飲んでいた知人の話は聞いたことがありますが、ザガーロについてはまだ発売開始からあまり時間が経過していないためまだ情報が少ないです。※今後増えましたら追記する予定です。

ただ、数名飲んでいる方が周囲にいるのですが、いずれも効いたかどうか(効果の部分)はまだわからないとのことでした。

もちろん、プロペシアと比較して効いた!とか、効かない!とか、という意味ではなくて現状維持としては今のところプロペシアと変わらないという意味です。

ですので、個人的にはある程度は効いているのではなかろうか?とは話しを聞いた限りでは感じました。

副作用も今のところではありますがあまり感じてはいないようです。※もちろん、個人差があると思います。

ただ、やはり価格が高いとは感じているようですので、プロペシア(フィナステリド)の服用にてある程度満足感を得ている方や効果が出ている方は、ここで敢えてザガーロ(デュタステリド)に切り替える必要性はないのかなとも思いました。

そのような理由で、当方(このページの執筆者)もザガーロにはまだ切り替えておりません。

しかし、状態が悪化したりしたときは検討するかとは思います。そういう意味では、プロペシア以外にAGA治療薬の選択肢が出てきた、幅が広がったというのは、少々価格が高くとも、良いことかもしれないなとは感じております。

このページのトップへ