その他

TOP≫その他

その他

薄毛治療をしていく場合、基本的には医薬品の使用が効果的です。

当サイトでも度々紹介している、プロペシアミノキシジルが挙げられます。

また、当サイトの「薄毛対策・治療薬」のメニューでは上記以外でアロビックス外用液育毛メソセラピー自毛植毛ザガーロを紹介しております。

あとは、日本皮膚科学会が発表している、男性型脱毛症治療ガイドラインも非常に参考になるでしょう。

ですので、薄毛治療(AGA治療)を本格的に行う場合は、基本的には上記の対策を検討するのが効果的かつ効率的ではあると思います。

ただ、「医薬品はなるべく使用したくない!」、「植毛など手術には抵抗がある!」、「副作用が気になる」、という方もいるかと思います。

また、副作用が出てしまったり、何らかの理由で医薬品を使いたくても使用できないケースもあるでしょう。

そういった場合、それでも何かしらの薄毛対策をしたい場合、その他の対策を検討することになります。

ここでは、その他の対策(成分)などを簡単に紹介します。

※何度も書きますが、本格的にAGA治療を行う場合で、健康上に問題もなく、医薬品の使用や手術や注射などに抵抗がなければ、やはり医療機関に相談したり男性型脱毛症治療のガイドラインの推奨度が高いものを参考にするのがベストです。以下は、それ以外の対策を検討する際の一つの参考程度にしてみて下さい。

その他の対策(成分)

t-フラバノン

ノコギリヤシ

キャピキシル

M-034(ミツイシコンブ由来エキス)

アデノシン

サイトプリン

など

当サイトでは、その他としまして、上記のような成分を挙げました。※随時追加予定です。

t-フラバノンは、当サイトではサクセス薬用育毛トニック・使用体験談のページで少し紹介しております。

ちなみに、男性型脱毛症診療ガイドラインでも推奨度C1(行うことを考慮してもよいが十分な根拠がない、推奨文:用いてもよい)に分類されています。

サクセスは、手軽(価格面含め)に入手可能な製品ですので、ミノキシジルが合わなかったり、使用出来ない方で他に何かお探しの方は、試してみても良いでしょう。

次のノコギリヤシは、効果が実証されていないとは言え、DHT阻害作用のある植物だと言われております。つまり、フィナステリド(プロペシア)と似た働きがあると言われているのです。

医薬品ではないので手軽に入手も出来ますし試すことが可能です。

ノコギリヤシについては、ノコギリヤシ配合の「シャンプー・育毛剤・サプリメント」一覧のページにて紹介しております。

キャピキシルとは、アセチルテトラペプチド-3とビオニカンA(アカツメクサ花エキス)を合わせて出来ている最近話題になっている期待の成分です。

強力な育毛効果(ミノキシジルよりも?)があると噂されているようで、さらに副作用がないと言われているため話題になっているようです。

このキャピキシル配合の製品には、THE SCALP 5.0C(ザ・スカルプ5.0C)やDeeper・Deeper3D、ボントレス(Bontress)ローションがあります。

成分としては、これからもっと注目されていく可能性もあるので、興味がある方は詳しく調べたり試してみたりすると良いかもしれません。

M-034(ミツイシコンブ由来エキス)とは、チャップアップ(CHAP UP)イクオス(IQOS)ブブカ(BUBKA)に配合されている成分です。医薬品ではないので安全性が高く、代替アイテムとしても人気が高いです。こちらもネットで比較的手軽に入手は可能です。

アデノシンは、国内で人気の高い育毛剤のアデノバイタルや薬用アデノゲンEXに配合されています。

また、男性型脱毛症診療ガイドラインでは推奨度C1(行うことを考慮してもよいが十分な根拠がない・推奨文は用いてもよい)に分類されています。

こちらも医薬部外品です。比較的手軽に試すことが可能です。

サイトプリンとは当サイトが知っている製品としては、「薬用毛髪力INNOVATE(イノベート)」に配合されている有効成分のことです。

サイトプリンも、ガイドライン上では推奨度C1に分類され、「用いてもよい」とはなっています。こちらも手軽に試すことは可能です。

このページのトップへ