最強の薄毛対策スキンヘッド

TOP≫最強の対策スキンヘッド

最強の薄毛対策はスキンヘッド?

スキンヘッドのイメージ

薄毛や抜け毛対策というのは、やろうと思えばいくらでも出来るというのが現状です。

育毛製品やサービスの種類は様々あり、どれをやったら良いのだろうか?と迷うほどです。

そのため、日本皮膚科学会から男性型脱毛症診療ガイドラインというものも発表されています。

実際のところは、効果的な治療というのは現時点ではフィナステリド内服、ミノキシジル外用で、続いて自毛植毛(十分な経験と技術を有する医師が行う場合に限る)やかつらということにガイドラインではなっています。

「十分な根拠がないが行うことを考慮してもよい」治療には塩化カルプロニウム外用や、その他育毛剤(アデノシンやケトコナゾールなど)が推奨度C1に分類されています。

つまり、ある程度は効果的な治療をピンポイントで選択出来るようにはなっているのですが、深刻に薄毛に悩んでいればあれこれやりたくなってしまうことは仕方ないですし、やろうと思えば(費用をかけまくれば)様々な治療を行うことは可能です。

ただし、ここで問題なのがいくらなんでも多額の費用が掛かり過ぎるという点です。

いくらガイドラインを参考に、効果的な治療や対策のみ選択したとしても、「プロペシア」「ミノキシジル」は継続的に使用することになるため、年間コストとして計算すると、それなりの金額になります。

そしてこれらの治療につきまとうのが「治療をやめたら元に戻ってしまうかもしれない」という問題です。

つまり、毛髪を維持するためには、継続的に使用し続けることになってしまうのです。

もちろん、自毛植毛で発毛させるということも可能ですが、手術は高額です。

また、術後も他エリアの薄毛の進行を防ぐため、フィナステリド服用が一般的ですので、継続的に費用がかかります。

そういう意味(コストがかからない)では最強の対策はスキンヘッドではないだろうか?

以下に薄毛対策としてのスキンヘッド(坊主)の考えられるメリットとデメリットを挙げます。

▼メリット

・お金があまりかからない
・シャンプーが楽すぎる
・毛が短くほぼないため色んな意味で吹っ切れる
・顔によるが逆にイケメンが際立つことがある
・ツルッとまとまるためハゲ散らかしているなどと言われることはなくなる

▼デメリット

・人によるが怖い人に見えたり、下手をするとチンピラだと思われる可能性もある
・就職などに影響する可能性もなくはない
・薄毛の状態によって逆にハゲが目立つこともありえる
・費用はかからないが手間は少しかかる(定期的に剃る必要があるから)
・禿げたら坊主という流れがある程度認識されているので、場合によってはハゲ隠しなどと言われることがある
・薄毛でもそうでなくても「ハゲ」というあだ名で統一されることがあるので結局ハゲと呼ばれることもある
・自毛植毛をしている方は傷が見えてしまうことがある

最強の対策ではないか?と書いたものの、こう見ていくとデメリットも意外と多くなってしまいました・・・。

ただ、デメリットがメリットにもなりうることも考えると、薄毛対策の1つで丸坊主というのはある意味では最強だとも思います。

また、自毛植毛を一度してしまうと、多くの場合後頭部に線状の傷跡が残ります。

あまり目立つものではないのですが、スキンヘッドにするとやはり見えると思われますので、将来的にスキンヘッドにする予定がある方はこの点は注意しましょう。

最近の自毛植毛は技術レベルが向上しておりますので傷は目立たなくはなってきています。

今後さらに技術レベルが向上する可能性もあります。

人気の育毛シャンプーで頭皮ケア!

このページのトップへ