プロペシアの効果

TOP≫プロペシアの効果

プロペシアの効果

プロペシア(フィナステリド錠)はAGA(男性型脱毛症)において、現時点ではミノキシジルと同様に最も推奨されている効果的な治療薬です。

そのため、医療的に薄毛(AGA)対策をする場合は、まずプロペシア服用が第一選択として使用されることが多いです。

ここでは、期待される効果の目安について体験談を含め紹介します。

まず、プロペシアは薄毛治療には現時点で大変良い薬であることは間違いありませんが、服用開始してすぐに何らかの効果が出てくるわけではありません。

基本的には何らかの効果の有無を確認するためには1日1回の連続服用を最低でも3~6ヶ月以上の継続が必要です。

つまり、簡単に言えば、プロペシアの効果というものは徐々にじわじわと出てくるという感じのものなのです。

また、気をつけなければならないことは、3~6ヶ月継続服用をして何らかの効果を感じてきたとしても、服用を中止すると次第に再び薄毛が進行していくということです。

そのため、治療中(毛髪を維持させたい間)は、基本的には長期的に服用するようなスタイルになります。

一般的に考えられているプロペシアの効果の目安の例

※個人差があります。

[服用開始~3ヶ月以内]
・抜け毛の減少がみられる場合がある
・産毛が出てくる感じ
・寝癖がつくようになる
※この期間は効果の感じ方は人それぞれで少なめです。

[4~6ヶ月]
・抜け毛の減少
・産毛が少し濃くなる
・頭頂部の薄毛が目立ちにくくなりつつある

[6ヶ月~1年]
・抜け毛が正常時に近いと感じるほど改善
・毛髪にボリュームを感じ始める
※この期間は何らかの効果を感じる方が増えてきます。

[1年~3年]
・薄毛の部位が減る
・改善した毛髪が維持されている
※この期間は4人に3人程度が何らかの効果を感じている(大なり小なり)

[4年以降]
・現状維持または進行が遅延されている状態で続いている

プロペシアの効果は、改善、薄毛進行無し、薄毛進行遅延を含めて90%以上の方が何らかの改善を感じています。

特に3年以上の使用においては、かなり多くの方が効果を実感しているというデータがあります。

プロペシア体験談

私の薄毛対策や治療法は、登場するメンバーのページでも書いてありますが、プロペシアも飲んでいます。

現在4年くらい飲んでいますが、進行を遅らせるという意味では効果はかなり感じました。

まず、服用開始して3ヶ月以内に朝起きると今まであまり感じなかった寝ぐせがつくようになった気はしました。

このころは抜け毛が減ったとはあまり感じませんが、今までペニャっとしてしまった毛髪でしたがなぜだか寝ぐせがつくようになった感じです。ただ、プロペシアのおかげかははっきりわかりません。

その後、半年以降まで特に何も効果は感じませんでしたが、それを過ぎ、1年以上の服用で抜け毛が減ってきたというものは感じました。

また、服用前は薄毛進行をかなり感じ、日々ヒヤヒヤ焦っていたのですが、このころはあきらかに進行がしなくなっていて精神的にも楽になってきました。

ただし、発毛を超感じるというわけではなく、あくまでも毛髪のボリュームが出て、薄毛の進行が止まりつつあるといった感じです。

また、M字ハゲの部位にはそこまで効果は感じませんでした。

ただ、現状維持はしていたので進行を遅らせたり止めていたのは確かだと思われます。

※友人は私以上に効果を実感していたのでプロペシアの効果というのも個人差があるようです。

2年目以降も1年目以降とあまり変化せず、そのまま現状維持しているという感じです。

私は自毛植毛もしているので、植えたエリア以外の薄毛進行を遅らせるという意味で、今も継続的に飲んでいます。

ちなみに、言われているようなプロペシアの副作用は、体感レベルでは特に感じていません。

また、健康診断などでも今のところ特に何らかの異常(肝機能など)が出たことはありませんが、長期的に飲んでいるのでたまにではありますが定期的に検査はしています。

このページを読んだ方はこのページもチェックしています。

≫ 薄毛治療の費用・参考例

このページのトップへ