プロペシア

TOP≫プロペシア

プロペシア

プロペシア

プロペシアとはフィナステリド錠のことです。

主成分であるフィナステリドは、抗アンドロゲン薬(男性ホルモンのはたらきを抑制する薬)の一つです。

薄毛(AGA)の原因である男性ホルモンDHTは、5α-リダクターゼによってテストステロンから変換され作られる物質ですが、この5α-リダクターゼを阻害します。

つまり、簡単に言うとAGAの原因になっている流れを阻害してくれる働きがある薬というわけです。

本来は、前立腺肥大症や、前立腺癌に対して使用される薬なのですが、研究によって男性の脱毛(いわゆるハゲ)においても有効であることがわかり、1997年にFDA(アメリカ食品医薬品局・米政府機関)はフィナステリドをAGA治療薬として認可しました。

日本では2005年に厚生労働省に認証されています。

AGA(男性型脱毛症)の治療薬としては、日本ではアメリカの医薬品メーカー・メルク社の日本人法人・MSD株式会社(旧万有製薬)のみからプロペシアという名前で発売されています。

医師の処方箋が必要である医療用医薬品で、病院や専門のクリニックで入手可能です。

入手方法・費用・使用方法・副作用や注意点

上記で書きましたように、医療用医薬品ですので医師の処方箋が必要です。

主な入手先

・処方可能な皮膚科や病院(最近は比較的多くあります)
・専門のクリニック(予約不要が多い)
・AGA治療クリニック

≫上記(プロペシアの入手方法)の詳細比較

プロペシアの費用

目安(MSDの参考薬剤価格)として1錠250円ですので1ヶ月7,000円になりますが、診察料などを含めると月に10,000円前後になることが多いです。

ただ、首都圏内の治療クリニックであれば現在28錠・6,500~7,500円程度が相場です。※プロペシアジェネリック(ファイザー)は現在のところ6,500円程のようです。

まとめ買いをすることも可能なクリニックもあります。その場合、費用が安くなることもございます。

参考例・140錠:30,000円~35,000円

使用方法

1mgを1日1回服用(0.2mgというものもあるが、取扱うクリニックがあまりない)

副作用や注意点

大きな副作用は少ないですが、知られている小さな副作用として以下のようなことが挙げられます。

・リビドー減退
・勃起機能不全

また、肝臓で代謝する薬のため、頻度は不明ですが、稀に肝機能に異常がみられたという報告があります。

そのため、肝機能障害のある方は医師に相談しましょう。

※この他にも、細かくみていくと挙げられる注意点、頻度不明などの副作用はいくつかありますので、詳細は添付文書などでもご確認下さい。

注意点

・女性は服用してはいけない薬です。
・効果の判断のためにも1日1回の服用を少なくとも3ヶ月~半年は継続する必要があります。
・プロペシア服用中の献血はダメです。(1ヶ月以上使用をやめればOKとのことです)
・プロペシアを飲んでいるとPSA値(前立腺がん検査で測定)を約50%低下させると言われているため、PSAを2倍値を目安評価する必要があります。そのためプロペシアを服用していることを医師に知らせる必要があります。

※この他、詳細は医師や添付文書でご確認下さい。

また、個人輸入などで激安フィナステリド錠を購入することも出来るのですが、安易な個人輸入は十分注意して下さい。

ニセモノが出回っているのはもちろん、個人輸入した医薬品による健康被害については公的制度の救済対象になりません。

国内で純正品を入手することをおすすめします。

このページのトップへ