プロペシア入手方法の比較

TOPプロペシア≫比較

プロペシア入手方法の比較

プロペシア

プロペシアを正規購入するには、処方可能な病院へ行く、男性専門のクリニックへ行く、AGA治療クリニックへ行く、という方法が一般的です。

その主な3つの入手方法の特徴を比較してみます。

処方可能な病院(皮膚科や内科)

・最近は比較的多くの医療機関で対応しています。したがって近隣の病院で処方してもらえることが多くなってきました。

費用・・・1ヶ月10,000円前後になることが多いです。
検査・・・定期的に血液検査をしてくれます。
流れ・・・一般的な病院へ行くため、待ち時間など含めると多少時間がかかります。

メリット

・定期的に血液検査をしてくれるため一石二鳥とも言えるし、最近は近隣にあるため手軽に通える

デメリット

・1ヶ月の費用(診察料含め)が少々高めで待ち時間がある
・病院によっては血液検査を必要以上の頻度で行うため逆に手間がかかる場合がある

男性専門クリニック

・ED治療やAGA治療を専門に行なっているような男性専門のクリニックです。都市部には比較的多くあります。

費用・・・28錠6,500~7,500円が相場(多少の上下有り)ジェネリックなら現在6,000円前後です。
検査・・・基本的にはクリニックでの検査はない。気になる方は自分自身で定期的に行う必要あり。
流れ・・・基本的に予約不要が多く、保険証も不要で比較的待ち時間なく院内処方してもらえる。

メリット

・予約不要クリニックが多いので、時間によっては来院して数分で処方されることもあるという手軽さ。
・ある程度の量であればまとめてセットで処方(まとめ買い)してもらえるため手間が省ける。
・一見入りにくいと思われがちであるが、意外にも来院しやすいよう配慮されていることが多い。

デメリット

・基本的には健康診断不要(初回はある場合もある)なので、定期的に健康チェックを自身でする必要がある。
・ただ、年に1回程度は多くの方が健康診断をしているためそれほどのデメリットではない。
・都市部には比較的多くのクリニックがあるが、田舎になるとあまりない。

AGA治療クリニック

・AGA治療の専門医療機関、外来のこと(上記の男性専門クリニックと一部同じ場合有り)

費用・・・プロペシア単剤ではない場合処方内容によって高くなることもある。(例:20,000円前後など)
検査・・・必要に応じて可能、または行う。効果判定をしてくれるクリニックも有り
流れ・・・カウンセリングや診察を行い、処方という流れ(希望によって様々な検査、診断をしてくれる)

メリット

・検査も流れの中で可能なので安全性が高くなる
・専門医がきめ細かく診察してくれる
・効果の有無判定が楽に行えることが多い

デメリット

・AGA治療を総合的に行うと費用が割高になる
・田舎には少ない場合が多いので通うのに交通費がかかったりする
・場合によっては定期的に通院する必要も出てくる

このページを読んだ方はこのページもチェックしています。

≫ プロペシアの効果について

このページのトップへ