ミノキシジル

TOP≫ミノキシジル

ミノキシジル

ミノキシジルとは、フィナステリド(プロペシア)と同様に、効果的なAGA治療薬として使われている成分です。

元々は血管拡張剤として開発され、高血圧の薬(血圧を下げるため)として使われていたのですが、その後の研究により発毛に関しても効果的であることがわかったため、脱毛症の治療薬(発毛剤的な位置づけ)としても使われるようになりました。

アメリカではロゲインという名称です。

リアップ

日本では、リアップがミノキシジル成分1%の商品として発売され、その後ミノキシジル5%配合のリアップX5が発売されています。(大正製薬)

髪が再び復活する願いを込めて「リアップ」という名前が付いているそうです。

はげの特効薬的な感じで知られるフィナステリド(プロペシア)とは薬理作用が異なるため併用可能です。その上、併用することでさらに発毛効果を高めると言われています。

簡単に言うと、プロペシア内服で薄毛の進行遅延という防御、ミノキシジル外用で発毛促進という攻守のバランスが取れる!というわけです。

※もちろん、プロペシアで毛量が増える(発毛)こともあります。

ミノキシジル外用は男性型脱毛症診療ガイドラインでも推奨されており、現在の薄毛(AGA)治療のメインとして、プロペシアとともに使用されています。

入手方法・費用・使用方法・副作用や注意点

入手方法

・ドラッグストアや薬局(リアップ製品)
・AGA治療クリニックなど

など

ミノキシジル配合の育毛剤の費用

5%配合のX5がお勧めです。

リアップX5の価格は60ml 7,048円(税抜)です。

ミノキシジル1%配合であれば、リアッププラスは60ml 5,500円があります。

治療クリニックなどでは、ロゲインやカークランドを処方してもらえる場合がございますが、その場合目安として4,000円前後~6,000円前後程度になります。

費用が安くなりますが、手軽に入手して試してみる意味ではまずはリアップX5から試してみると良いでしょう。

薬剤師さんがいるドラッグストアで入手可能です。

使用方法(リアップX5)

1日2回、1回1mlを薄毛状態の部分に塗布

副作用や注意点

リアップX5に関しては、大正製薬のホームページにて具体的に書かれています。
参考:http://www.taisho.co.jp/riup/riupx5/

まずは、上記のサイトで確認しましょう。

体験者の口コミ・・・プロペシアと併用することが出来ますし、使い勝手は良かったのですが頭皮のカブレ発生が酷く、泣く泣く使用を中止しました。

※副作用としては、外用タイプですので、それ程大きな問題にならないことが多いのですが、特に心臓又は腎臓に障害のある方や、高血圧の方および低血圧の方は、使用前に医師や薬剤師に必ず相談して下さい。

また、基本的にはミノキシジル外用単剤で、生え際の後退の復活やM字ハゲの復活というのは中々難しいと言われています。

フィナステリドと併用することで効果をさらに高めることが出来るとされていますので、薄毛治療にはプロペシアとセットで考える必要がありそうです。

このページのトップへ