男性型脱毛症診療ガイドライン

TOP≫皮膚科学会ガイドライン

男性型脱毛症診療ガイドライン

日本皮膚科学会が、男性型脱毛症治療のガイドラインを発表しています。2010年

このガイドラインは、現時点での標準的治療試案として作られたもので、策定は日本皮膚科学会と毛髪科学研究会(SHSR)の共同事業として発足したようです。

エビテンス収集・さらにそのレベルを細かく分類した上で作成されている科学的根拠に基づいた診療ガイドラインになります。

推奨度は、

「A」行うよう強く勧められる
「B」行うよう勧められる
「C1」行うことを考慮してもよいが十分な根拠がない
「C2」根拠がないので勧められない
「D」行わないよう勧められる

というように5段階に分類されています。

効果的な治療を、ピンポイントで選択するためにもこのガイドラインは非常に参考になります。

男性型脱毛症診療ガイドライン

ミノキシジル外用「A」
塩化カルプロニウム「C1」
t-フラバノン「C1」
アデノシン「C1」
サイトプリン・ペンタデカン「C1」
セファランチン「C2」
ケトコナゾール「C1」
フィナステリド内服(男性)「A」
自毛植毛術「B」
人工毛植毛術「D」
フィナステリド内服(女性)「D」

A評価・・・(行うよう強く勧められる)フィナステリドとミノキシジル

B評価・・・(行うよう勧められる)自毛植毛

C1に関しては十分な根拠はないが用いてもよいという位置づけになっています。軽症の場合はC1の育毛剤をまずは使用してみても良いでしょう。

この結果、まずはフィナステリド内服とミノキシジル外用の治療を行い(1年間使用)、それでも十分な結果や効果が得られない場合は、自毛植毛またはかつら着用という流れが、このガイドライン上では効果的だと評価されたことになります。

ただし、注意したい部分は、自毛植毛は「推奨度B」ですが、十分な経験と技術を有する医師が行う場合に限り推奨度Bとするとなっているため、手術を受けるクリニックはもちろん、信頼出来る医師を選ぶ必要があります。

また、フィナステリド(プロペシア)は男性に関しては推奨度Aですが、女性はDです。

女性はフィナステリドの副作用を考えると、絶対使用してはいけない薬になります。

このガイドラインは、無駄な対策に時間とお金をつぎ込むことなく、効果的な治療をピンポイントで選ぶためには非常に参考になるものです。

しかし、やはり人それぞれ個人差もありますし、合う合わないもあります。実際に当サイトの登場メンバーの1人はミノキシジルが全く合いませんでした。

ガイドラインはあくまでも1つの有力な参考にしながら、自分に合う薄毛対策を見つけていくことも大切です。

このページのトップへ