FAGAとは

TOP≫FAGAとは

FAGAとは

FAGAとは女性男性型脱毛症のことです。

簡単に言えば男性の薄毛はAGA(男性型脱毛症)で、女性における薄毛のことをFAGAと言います。

近年、このような女性の脱毛症を含め、全体的に女性の薄毛の悩みは増加しています。

一般的に女性の薄毛の悩みと言えば、加齢やホルモンバランスなどにより、ある程度の年齢になると起きるものなのですが、このFAGAはそのようなケースとは違い、男性型脱毛症と少々似たような症状が出ることが特徴です。

つまり、比較的若い年齢でも起きうる可能性があります。

ただし、パターンとしてはは男性型脱毛症とは異なる部分も多く、生え際から後退しながら薄くなっていくというわけでもなく、主に頭頂部・前頭部の毛髪が細くなっていくという特徴もあります。

分け目が気になったり、頭頂部(つむじ周囲)の毛量の減少が気になったりするようになります。

原因としては女性ホルモンの減少と言われていますが、他にも下で説明するような「びまん性脱毛症」、「分娩後脱毛症」といった脱毛症もありますので、自己判断はせず病院へ相談して適切な治療が必要です。

FAGAの代表的な症状

I型 頭頂部から薄くなっているパターン(うぶ毛)
II型 その脱毛状態(うぶ毛)が広範囲になっているパターン
III型 上記からの脱毛症の症状が進行した状態(進行してうぶ毛がなくなりつつある)

進行していくと頭頂部の薄毛が広範囲になります。

ヘアサイクルが乱れ、結果として抜け毛、薄い部分が増えます。

このように、男性型脱毛症と似ている(前頭部から頭頂部にかけて薄くなる)部分があるのも特徴の1つですが、フィナステリド内服は禁忌です。

この点でもわかるように、AGAとは多少異なる治療・対策をする必要があります。

女性の薄毛の原因は複雑?

FAGAは、男性型脱毛症に少し似た特徴の女性の薄毛のことではありますが、他にも女性に多い脱毛症として「びまん性脱毛症」、「分娩後脱毛症」などがあります。

びまん性脱毛症の原因は、上記で書きましたが加齢から始まり、ストレスや過剰なダイエット、経口避妊薬(ピル)などが原因として考えられます。

分娩後脱毛症は、出産後に多く見られる薄毛です。そのため、若い方でも悩まされる女性の薄毛の一つです。

このように、女性の脱毛症は男性型脱毛症(AGA)と比較すると原因が色々あるため少々複雑になっています。

FAGAだと思っていたら、上記のような脱毛症の可能性もありますので、自己判断は良くありません。

軽い悩みであればまずは体に負担の少ない女性用の育毛剤やシャンプー、サプリメントなどを試しても良いかもしれませんが、深刻な悩みとなっている場合は、病院やクリニックで相談し、適切な治療が必要です。

人気の育毛シャンプーで頭皮ケア!

このページのトップへ