薄毛対策の食べ物

TOP≫薄毛対策の食べ物

薄毛対策・食べ物

食事のイメージ

ここでは、薄毛対策、抜け毛予防をテーマに髪の毛に良さそうな食べ物を紹介いたします。

食生活の改善はすぐにでも取り組むことが可能ですし、バランスの取れた食生活は、髪の毛のみならず他の健康面でメリットが多いです。

ただし、ほとんどの薄毛や抜け毛の原因は他にあります。(AGAなど)

いくら完璧に食生活を改善したからといって、毛髪がフサフサになるということはあまり考えられませんので、過度な期待はせずあくまでも健康管理の一環として取り組みましょう。

まず、髪に悪そうな食べ物は過剰に取り過ぎないようにしましょう。

脂っこい食べ物の取り過ぎに注意・・・脂分が毛穴を詰まらせる可能性があります。(あくまでも取り過ぎないようにという意味です。バランスよく食べることが重要です)

次に、髪の毛に良いと言われている栄養素を含む食べ物を積極的にとるようにしましょう。

・タンパク質
・ミネラル
・ビタミン

この3つの栄養素は基本的なポイントです。

タンパク質は髪の毛の促進に有効とされ、毛髪の発育にはミネラルやビタミンが必要です。髪の毛の成分はほとんどがタンパク質ということからも、タンパク質の充実した食事を取ることは重要です。

・タンパク質を多く含む食品・・・魚、肉類、大豆製品、乳製品など

ミネラル(亜鉛)はそのタンパク質の合成に関与しています。

・亜鉛を多く含む食品・・・牡蠣、かつお、レバー、煮干し、納豆など

また、ミネラルをたっぷり含む海藻類の摂取は良いでしょう。

ビタミンとしては、毛に栄養を送る、血行をよくするにはビタミンEを取りましょう。

・ビタミンEを多く含む食品・・・ナッツ類、せん茶、かぼちゃ、モロヘイヤ、のりなど

ビタミンB郡のビオチンの不足も毛髪には良くないと言われています。

・ビオチンを多く含む食品・・・大豆、ナッツ、玄米、レバー、いわしなど

また、基本的には野菜、果物類はビタミン豊富ですので、意識的に食べるようにしてみましょう。

日々の生活でちょっと意識すれば簡単に摂取(タンパク質・ミネラル・ビタミン)できるものとしておすすめ食品は、豆乳、納豆、野菜ジュース、青汁、もずくなどです。

どこにでも売っているような商品なので、手軽に手に入れることが可能です。

髪の毛に限らず、健康面でも良いと言われている食品や飲み物なので摂取して損はありません。

手軽に手に入れることが可能なので是非意識してみて下さい。

1日の生活の中で意識的にこれらを取り入れていくだけでも、何も考えないよりは効果的にタンパク質、ミネラル、ビタミンといった栄養は取れます。

ポテトチップスや炭酸ジュースを買うかわりに、こういった食品を購入してみてはいかがでしょうか。

また、普段の食生活は栄養バランスの良い食事を取り、野菜を多めに食べるようにしましょう。

不足していると思われる場合は、サプリメントを摂取して補うことも出来ます。

ただし、基本的には食生活を改善させ、あくまでもサプリメントは補助として摂取しましょう。

5αリダクターゼ(薄毛の原因である男性ホルモンDHTへの変換に関与する酵素)を阻害する作用があるのではないかと言われるノコギリヤシをピンポイントで摂取したい場合は、サプリメントが良いでしょう。

ドラッグストアやネット通販などでノコギリヤシのサプリは手軽に購入出来ます。

また、育毛系のサプリメントなどにも高配合されていることが多いです。

フェルサ(fuerza)や、ヘアフォーミュラといった商品があります。(※他にも色々あります。)

ただし、育毛系サプリの場合、比較的高額になってしまうので、まずはドラッグストアなどにある手軽な商品で試してみても良いでしょう。

人気の育毛シャンプーで頭皮ケア!

このページのトップへ