キャピキシルとは

TOP≫キャピキシルとは

キャピキシルとは

キャピキシルとは、アセチルテトラペプチド-3とビオニカンA(アカツメクサ花エキス)を合わせて出来ている成分です。

カナダのLUCAS MEYER COSMETICS社で開発され、一部で有名医薬品育毛成分(恐らくMinoxidil(ミノキシジル))以上の有用成分だとも言われているようです。

※実験実施データなどはDeeper3Dという製品の公式サイトにある「参照元・UNIPEXの実験データ」も参照下さい。

もう少し細かく見ていきます。

当サイトで調べたところ、まずアセチルテトラペプチド-3とは、毛包の構造の維持に対して働きかけるようです。この修復作用が、上記のデータにあるようにとても強力だと言われている模様です。

ビオニカンAはアカツメクサ花エキスに含まれ、AGA(男性型脱毛症)の原因であるDHTを作る5α-還元酵素( 5α-リダクターゼ)抑制する働きがあると言われています。(イソブラボン類)

この2つをミックスさせたのがキャピキシル(Capixyl)というわけです。

つまり、毛包の構造維持と5α-還元酵素( 5α-リダクターゼ)抑制が期待出来るということのようです。

また、その作用が強力だと言われています。

本当にミノキシジル以上なのか?

正直な話し、長期間試してみないとわからないというのもありますが、当サイト管理人(このページの執筆者)的にはミノキシジル以上になるのかというのは今のところ正直疑問はあります。(色々なサイトで見かけるミノキシジルの3倍の効果があるのかはわからないという意味であくまでも個人的な感想です。)

ただ、実際にデータなどもあるようなので、使用して試してみる価値はありそうだとは思いました。

もちろん、どのくらいのレベルの実験データなのか?という部分もありますが、試してみて自分で判断するのもありです。

自分に合う場合は使い勝手が良さそうで続けられそうだからです。(今のところ副作用もないと言われているという意味でも)

また、当サイトではこの実験データがどのレベルなのかはわかりませんでしたが、興味のある方は実際にみて細かく判断してみることをオススメします。興味深い成分なのは確かです。

いずれにせよ、キャピキシルは今後より注目されていく成分だとは思うので、今のうちに配合製品含めチェックしておいて損はないかもしれません。

キャピキシル配合の育毛製品

THE SCALP 5.0C(ザ・スカルプ5.0 C)

Deeper・Deeper3D

ボントレス(Bontress)ローション

※詳細は各公式サイトでもご確認下さい。

このページのトップへ