AGA遺伝子検査

TOP≫AGAの検査

AGA遺伝子検査

現在の薄毛の多くが、AGA(男性型脱毛症)だと言われています。(勿論、薄毛の原因は他にもあります)

そのため、病院へ薄毛の相談へ行くとほとんどの場合、AGA治療薬であるフィナステリド錠から治療が始まります。

クリニックによっては、簡単に相談し、少しだけ頭髪状況を見て「はい、プロペシア」ってこともあります。

また、上で書きましたように、ハゲに悩む多くの方がAGAだということですので、プロペシア内服が有効になることが確かに多いです。

しかしながら、いくらAGAが圧倒的に多いとは言え薄毛の原因は他にも存在するということはもちろんのこと、比較的若い時期にAGAになってしまうようなリスクが低い方もいます。(発症リスク)

また、プロペシアによる治療効果(フィナステリドの感受性)が低い方もおり、その場合プロペシアを長期的に飲んでいてもそこまで有効ではないといった状況になることもありえます。

つまり、AGAになりにくい方やプロペシアが効きにくい体質のようなものがあるというわけです。

ただ、症状はある程度決まっているため、簡単なセルフ診断でおおまかにAGAではないか?と予想は出来ます。

また、病院で専門の医師に見てもらえば典型的なAGAはある程度わかることも多いようです。

しかし、自分がどういったタイプの薄毛なのか見分けがつかない方も中にはいると思われます。

例えばWEB診断などで可能性が低いとなっているが、既にハゲはじめている方など
(あくまでも例です。)

見分けがつかない場合は遺伝子検査でチェック!

先ほど書きましたが、薄毛発症リスクが低い方、フィナステリドの感受性が低いという体質があります。

逆を言えばその体質をある程度はっきりさせれば、AGA治療を腰を据えて行えるということになりますし、自分がどういう進行リスクがあって薬の効果がどの程度出そうなのか?という不安も解消されることになります。

そこで、そういった心配をある程度はっきりさせる方法としてAGA遺伝子検査がオススメです。

遺伝子検査で確認する方法は2つあります

・AGAクリニックなどの病院
・自宅で出来る遺伝子検査キット

費用は自宅で行うキットの方が安いですが、クリニックで行えばそのまま適切に治療に移行可能なメリットがあります。

遺伝子検査が可能なクリニック

銀クリAGA.com(銀座総合クリニック)

自宅で手軽に調べたい方

男性型脱毛症・遺伝子検査キット (AGAドック)

将来的にAGAでハゲるか心配な方、今現在の薄毛がAGAかどうか見分けが付かない方、治療薬が有効なのか?をある程度はっきりさせたい方は上記のような検査はオススメです。

状況を把握した上で治療や対策に専念することが出来ます。

このページのトップへ