薄毛・抜け毛対策の専門ガイド

当サイトの簡単説明

薄毛・抜け毛対策について徹底解説

いまや、医療クリニックにて、医学的根拠に基づいた薄毛対策・AGA治療が可能です。

ひと昔前に比べると、薄毛や抜け毛、いわゆる「ハゲ」の悩みに関して、治療や対策のレベルが飛躍的に上がっています。とても良い時代になりました。

ただし、個人的にはあともう一歩医学や研究が進んで欲しいなとも思っています。何年後、または何十年後には完全回復が出来る時代がくるかもしれません。(あくまで個人的な願望です)

話がそれましたが、現在も、薄毛・抜け毛の原因が特にAGAであれば、効果的な治療が可能になっています。

また、AGAはもちろんのこと、それ以外のケース(生まれつきのソリコミやAGA以外の薄毛)であっても十分に対策が可能なのです。

髪を劇的に増やす、発毛させるといった一般的に考えて困難なことも、手術で可能です。

今は、有名なサッカー選手も増毛したことを公表してくれる時代です。例えば、ルーニー選手の場合は、自毛植毛で薄毛をある程度治しました。見事に毛髪が生えてます。

このように、現在は効果的な治療方法や対策方法が多々あります。

問題点としては、全て完璧にやろうとすると「費用がかなりかかる、または継続的にかかってくる」という点が挙げられますが、それを踏まえると効果的な薄毛対策をいかにピンポイントで行うことが重要になってきます。

もう無駄なものに多額なお金を費やすのはやめましょう!

現時点での効果的な対策と治療方法は具体的には以下になります。

髪の毛のイメージ

・フィナステリド(プロペシア内服)
・ミノキシジル
・自毛植毛(外科的手術)

基本はコレです。意外とシンプルなんです。

他にも効果的な治療や対策(HARG療法、かつら等)はありますが、まずは基本であるこの3つをおぼえておきましょう!

基本的には日本皮膚科学会(男性型脱毛症診療ガイドライン)でも推奨されているこの3つが現時点では最も効果的だと言われています。(個人差はあります。)

まずはプロペシアを服用した上でミノキシジルを塗り、それでも思うような結果が出なければ自毛植毛という流れです。

この3つを行えば、ある程度の回復や現状維持、または劇的な復活をすることは可能です。(自毛植毛含む)

さらには上記に加え、それぞれに合った対策を組み合わせて下さい。

例えば食生活の改善や、規則正しい生活、ストレスの除去などちょっとしたことでも意識的に行いましょう。

気休め程度とは言え、やらないよりはやった方が良いでしょう。

規則正しい生活は、薄毛や抜け毛の対策といったことを抜きにしても健康面にとって重要なことなので、取り組んで損は全くありません。

当サイトでは医学的根拠に基づいた対策や治療の説明に加え、こういった生活面や他の手軽な薄毛対策(育毛剤やシャンプーまたはサプリメントなど)についても解説していきます。

また、1点簡単な注意点ですが、先ほどのフィナステリド錠(プロペシア)に関しては、同じフィナステリドを成分とした薬を海外から個人輸入などで安く購入が出来るのですが、そういった購入方法はなるべく控えて下さい。

ニセモノをつかまされるリスクや、安全性に疑問符が付く物質が含まれているものもあったようです。

もちろん、個人輸入なので基本的には何が起きても自己責任になってしまいます。

安いからという理由だけで初心者の方がこういった医薬品を購入すると、上記のようなリスクがありますので、最初から手を出さない方が無難です。

当サイトでは、国内の病院や治療クリニック(医療機関)などで処方してもらうことをおすすめします。

※具体的な情報&詳細は、左のメニューまたはサイトマップからお選び下さい。随時更新予定です。(2017年10月現在)

当サイトの登場人物

左が20代後半、中央が30代半ば、右の図が40代後半の薄毛に悩み、現在対策中の男性です。

簡単に彼らの状況を説明します。

※具体的な詳細はメンバー紹介のページをご覧下さい。

まず画像左の20代後半の男性は、ぱっと見ではホスト風・ジャニーズ系のイケメンとも言える見た目で、薄毛に悩んでいるようには全く見えないのですが、実は隠れM字ハゲで抜け毛もとても多く、継続的に薄毛治療中です。

ただし、この3人の中で最も結果を出しています。その分費用もかかっておりますが・・・。

次に、30代半ば中央の男性は、全体的には剛毛で毛量も多く抜け毛も気にならないのですが、M字部分だけ食い込んでしまっていてとても悩んでいます。

元々生まれつきのようなソリコミがあったそうですが、年々少しづつその部分が奥へ食いこんできてしまった感じです。

そこで色々と育毛を試してきましたが、M字にはあまり効果がありません。このようなパターンだと自毛植毛が良いかもしれません。

右画像の40代後半の男性は、歳相応とも言えるのですが年齢とともに緩やかに薄くなってきました。抜け毛は多めです。そのため、簡単な薄毛対策に取り組んでいます。

詳しい対策方法やプロフィールは、メンバー紹介のページでご確認下さい。

このページのトップへ